私は「がくぶん」という通信制の養成講座を受講しています。
同じ資格を目指している方にもおすすめできる講座ですので、特徴をご紹介したいと思います。

【講師陣について】
食育インストラクター養成講座の主任講師は、NPO日本食育インストラクター協会理事長の服部幸應先生です。
食育分野の第一人者ですから、通信制の講座で指導を受けることができるというのはうれしいですね。

テキスト1冊ごとに課題を一つ提出するのですが、担当の専任講師が添削してくれますので、資格取得までしっかりとサポートしてもらえますよ。

私もすでに二つの課題を提出しましたが、つまずいたところに適切なアドバイスをしてもらえますし、励ましの言葉なんかも書いてもらえるので、講師の先生がとても身近に感じられるんですよ。

それに、課題提出後や学習中にどうしてもわからないことがあれば、メールや郵便で質問することができるんですね。
私もメールでわからないところをバンバン聞いちゃっています。
通信制だと質問がしにくいものですが、がくぶんさんのこのシステムはホントにありがたいですね。

【テキストについて】
テキストは全部で5冊あります。
・食育の基礎知識
・食材について知ろう1
・食材について知ろう2
・食習慣とマナー
・食べ物は自然の恵み
というように、1冊ずつカリキュラムに沿った内容に分かれています。
スムーズにいけば、1ヵ月で1冊のペースで進めることができます。