資格を目指すにあたって、基礎的な知識をご紹介したいと思います。

【内閣府認証の資格です】
日本食育インストラクター協会は内閣府からも認証を受けていて、「食育インストラクター養成講座」は協会の認定講座となっています。
つまり、料理教育や栄養教育になくてはならない資格なんですね。

【より良い生活につながる】
資格を目指すことで、毎日の生活の中で健康管理をしたり、職場でのスキルアップになったり、身近な生活環境をより良いものにすることができます。

【学校に通わなくても取得できる】
専門学校や大学に通わなくても、食に関するプロフェッショナルとして活躍することも可能です。
通信制の養成講座も開講されていますので、学習から認定試験まで一貫して自宅で完了することができます。

【指導者として認定してもらえる】
民間の資格試験ですが、NPO協会が定める一定の内容の通信教育講座を修了することで、指導者に値する知識が身に付きます。
だから、国家資格がなくても指導者として認定してもらうことができます。

【いろいろな分野で活躍できる】
家庭の食事づくりから、学校や企業での栄養指導やセミナー、料理教室を開くなど、身に付いた知識をもとにいろいろな分野で活躍できます。