生活に役立つ資格を目指そう

会社員として働いている方も主婦の方も、アルバイトやパートで働いている方も、大人になってから改めて何か新しいことにチャレンジしたいって思うことってありますよね。

仕事や家事だけの生活を何年も続けていると、「まだ自分にもできることがありそうだなぁ~。」なんてふと思うことがあると思います。

趣味や運動などの習い事をしている方もいらっしゃるでしょう。
時間を見つけて好きなことを楽しんだり体を動かしたりすることは、日常生活では味わえない感動やクリエイティブな感性が呼び覚まされます。
このような体験は脳や体に良い刺激を与えてくれますので、積極的にやるべきなんですね。
精神の安定にもいいですし、健康維持にもピッタリですからね。

また、仕事の延長上の自己啓発や毎日の生活に役立てるために、資格の養成講座で勉強をしている方もいらっしゃいます。
スキルアップやライフスタイルの最適化のために、生活に役立つ資格を目指しているんですね。

時間のある方は通学制の学校や教室に通って勉強していらっしゃいますし、お仕事をしながらの方は通信講座で学んでいらっしゃいます。

私も働きながら通信制の養成講座で勉強をしているんですが、「食育インストラクター」に認定してもらえる講座なんですね。
会社が食品系ということもあり、スキルアップのために勉強をはじめました。
毎日の仕事もこなせるようになってきて充実してきたので、無理なくできる範囲で能力を高めたいと思ったんです。

いつでもはじめられて、毎日の学習時間もそれほど多くないし、大人になってから仕事以外で興味を持って勉強できるのって案外楽しいものですよ。

将来的に何かのプロを目指しているというわけではないですが、学習していることが毎日の仕事にも活かせますし、今まで持っていない資格に認定してもらえると思うと生活にもハリが出ていいものですよ。

どんな資格なの?

「食育インストラクター」というのは、NPO日本食育インストラクター協会の認定している民間資格です。

こちらにも食育インストラクターについて詳しく載っています。
食育インストラクター

 

【資格のレベルは?】
プライマリー・4級・3級・2級・1級のレベルが設けられています。

【取得条件はあるの?】
プライマリーという入門レベルの資格に関しては、特に取得条件は設けられていません。
4級以上のレベルの資格に関しましては、ステップアップ受験するシステムになっています。
ですので、それぞれの前段階のレベルの資格を取得していることが受験の条件になります。

また、実務経験や活動報告が義務付けられている階級もあります。

【認知度はどのくらい?】
NPO日本食育インストラクター協会の理事長は、服部学園 服部栄養専門学校 理事長・校長の服部幸應氏です。
テレビ出演なども多く、みなさんもよくご存知かと思います。
そんな食の業界で有名な方が推奨している資格ですので、あらゆるジャンルで注目を集めています。

通信講座では食品衛生や健康増進、食育活動まで幅広く学べますし、上のレベルの階級では調理実習講座もあります。
試験に合格すると、学校や企業での指導やセミナーをしたり、スポーツクラブなどでの健康指導をしたりして活躍できる資格であるということが広く認知されています。

【難しくないの?】
単位制のカリキュラムになっていますし、プライマリーは在宅受験も可能です。
毎日の食事作りに役立つ実践学習やドラマ仕立てのDVD学習、ステップアップ式の個人指導や延長学習もありますので、楽しく学ぶことができて、忙しくても安心して勉強を続けることができますよ。

【認定されるのはいつ?】
5回の指導課題を提出し、最終の修了認定課題に合格すると、協会から「NPO日本食育インストラクターPrimary」として認定が受けられます。

最短で6ヵ月くらいで目指せます。
私も1日も早く認定してもらえるように、毎日少しずつですが学習を進めています。

資格の探し方

何かの資格を目指したいと思った時に、どんな資格があるのか知りたいと思いますよね。
そこで役立つのが養成講座の資料請求です。

雑誌に付録されているはがきで請求することができますし、電話やネットで申し込むこともできます。
年十種類もの養成講座がありますので、気になる資格がある方は資料を取り寄せてみると良いでしょう。

私の場合も、まずは資料請求からはじめました。
食関連の資格を取りたいと思っていましたが、種類がたくさんあるので迷ってしまいました。
いくつかの養成講座の資料を取り寄せて読み比べてみて、健康管理に役立つ食の知識や、毎日の食事づくりに活かせる調理方法などが総合的に学べるということで、「食育インストラクター」の養成講座を選ぶことにしました。

私は資格取得後に特にプロとして活動することは考えていませんが、学校や企業などで活躍できる素晴らしいものなんですよ。
受講者のその後の活躍の記事なんかも読めますので、資格に認定されてイキイキと活躍している方が多くいらっしゃって、「自分も合格できれば同じ立場になれるんだなぁ~。」と思うと、毎日の勉強にも身が入ります。

仕事が終わってから勉強することがほとんどですので、それほど長い学習時間を取ることができません。
それでも毎日1時間も学習すると、カリキュラムもけっこういい感じにこなせるんですよ~。

資料請求をすると、学習内容や費用、カリキュラムや試験についてなどなど、詳しい情報を得ることができます。
毎日どれくらい勉強すればいいかとか、どのくらいの期間で資格が目指せるかとかも調べられますので、とりあえず申し込んでみるだけでもいいかもしれませんね。